人生再生

人生の重荷から解放されて人生再生のための4つのステップ

主イエス様によって人生再生してみませんか。人生の重荷から解放されて人生再生を始めてみませんか。人生をやり直すつもりで、聖書を正しく学び人生再生してみましょう。どんなに辛いことがあったとしても、過去の奴隷になってはいけません。起きてしまったことは変えられません。過去の出来事は、高い授業料を払った授業です。一生引きずって生きていく終身刑ではありません。人生再生のために聖書の言葉を学ぶ聖書入門サイトです。

1.聖書を正しく深く学んで人生再生

この人生は、多くの障害物がある暗い夜道を歩いているのと似ています。障害物は、落とし穴や躓きの石、前進を阻む壁や山です。暗闇の中でこららの障害物を乗り越えようと、私たち人間は必死にもがきます。そんなプレッシャーの中で、私たち人間は、様々な重荷を抱えて生きています。

この人生には、悩みと苦労は絶えずあります。それでも「わたしが助けてあげよう。勇気をもって強く生きなさい。」と、主イエス様は私たちに言っています。神は、賢く生きる礎を私たち人間に与えています。人生再生は、聖書を学び主イエス様を知れば可能です。

2.人生再生の最初の一歩は、主イエス様の教えに耳を傾ける

飼い主から離れてしまった野良犬の写真を見て、自分に似ているようなところはないでしょうか。突っ張って生きている強さはあります。しかし、目には輝きがありません。曇っています。疲れています。急ぎ足で仕事に行く私たち人間の表情に似ていないでしょうか。 創造主なる神から離れてしまった人間は、どこか野良犬に似ています。たくましいけど、どこか寂しげです。主イエス・キリストは、そんなわたしたちに優しいことばをかけています。

疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。(マタイ11章28節-30節)

3.人生再生の二番目のステップは、主イエス様のもとに行って主イエス様に学ぶ

重荷から解放されて人生再生

上記の聖句は、主イエス様に学ぶ重要さを物語っています。聖書を学んだだけで、その教えを生活に活かさなければ何にもなりません。実践して、はじめて霊的な血となり肉となるのです。霊的な栄養となるのです。聖書を学んでクリスチャンになった人でも、飼い主である主イエス・キリストから離れてしまう場合もあります。そんなときでも、主イエスは 、わたしたちに呼びかけています。「帰ってきなさい」と。

霊的な休みを得るには、3つのステップを踏む必要ががあります。

神のみこころに身を任せる
  1. 主イエスのもとに行きます。
  2. 主イエスの軛(左の絵を参照)を負います。主イエスといっしょに人生を歩みます。
  3. 主イエスから生き方を学びます。

クリスチャンになっても、霊的な重荷を背負い続けている人たちがいます。クリスチャンになる前よりも、もっと重荷を背負っているように見えます。なぜでしょうか。クリスチャンになる前は罪の意識はありませんでしたが、クリスチャンになってからは罪を認識するようになります。本来ならば罪を主イエス様の告白して、主イエス様に罪の重荷を取り去ってもらうのに、未だに重荷を負っている人は主イエス様に委ねていません。お任せしていません。主イエス様に学んでいないのです。

人生再生は、1に2にもキリストの教えを実践して成就されます。

4.人生再生は、1にも2にもキリストの教えを実践して成就される

イエスは自分を信じたユダヤ人たちに言われた、「もしわたしの言葉のうちにとどまっておるなら、あなたがたは、ほんとうにわたしの弟子なのである。また真理を知るであろう。そして真理は、あなたがたに自由を得させるであろう」。(ヨハネ8章31節ー32節)

人生再生

人生再生のカギは、主イエス様の教えに従うか否かです。主イエス様に従えば、心の底から自由になれます。罪の欲望と呪縛によって心が縛られた状態から、本当に自由になれるのです。徐々に縄がほどかれていくように、身も心も軽くなります。とはいえ、これは自分で主イエス様の教えを実践してみて、体験してみないと何とも言えません。手に持って「はい、これです」と見せられるものではありません。あなたの心で体験しなければなりません。

もう一つ大切なことがあります。それは、自分の自我や哲学や欲望を、主イエス様についていくために、捨てましょう。主イエス様の言葉を聞いてみましょう。

それから群衆を弟子たちと一緒に呼び寄せて、彼らに言われた、「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい。自分の命を救おうと思う者はそれを失い、わたしのため、また福音のために、自分の命を失う者は、それを救うであろう。人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。(マルコ8章34節-36節)

自分を捨てるといっても、自分の存在がなくなってしまうという意味ではありません。むしろ、その逆です。主イエス様によって、自分の存在が活かされるのです。あなたという人間の本来あるべき姿が、現れてきます。子供のときのような素直な心、純粋な心がよみがえってきます。

人間、10年、20年と生きていると、服と同じで、ホコリのようなゴミが心についてきます。人によってそのゴミは違います。ある人は、物質的な欲望。またある人には、劣等感や自己顕示欲がまとわりついています。また他の人にとっては、性的な欲望であったりするのです。そのような心のゴミを捨てて、主イエス様についていくのです。人生再生が成就されていきます。

あなたは、当サイトを訪問して、人生再生について考え始めたのではないでしょうか。主イエス様だけが、あなたの人生再生を可能にしてくださいます。あなたの心が、主イエス様によって導かれますように。心よりお祈り申し上げます。

ご質問・ご要望、何でもお寄せ下さい。

人生再生主イエス様の祈り投稿者紹介支援団体問い合わせ

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。