マタイ6章7節-8節

マタイ6章7節-8節の解説。異邦人のように同じ言葉を繰り返して祈らない

マタイ6章7節-8節の解説。この聖句では、異邦人のように同じ言葉を繰り返して祈ってはならないと戒められています。主イエス様の真意は何でしょうか。ルカ18章1節-8節では、失望せずに常に祈り続けなさいとも教えられいます。相[…]

もっと読む
マタイ6章1節-4節

マタイ6章1節-4節の解説。見てもらおうとして、人の前で善行をしない

マタイ6章1節-4節の解説。主イエス様は、「見てもらおうとして、人の前で善行しないように注意しなさい」と戒めています。どのような背景があり、このようなことを教えたのでしょうか。当時のユダヤ教律法学者たちの宗教的慣習を知る[…]

もっと読む
マタイ5章33節-37節

マタイ5章33節-37節の解説。一切誓いをたててはならない意味

マタイ5章33節-37節を解説します。主イエス・キリストは「一切誓をたててはならない」と言っています。なぜこのような事を言ったのでしょうか。使徒パウロはこの戒めを破っています。1世紀のユダヤ教の背景を明らかにすることによ[…]

もっと読む
怒りの罪,マタイ5章21節-26節

マタイ5章21節-26節、怒りの罪は殺人と同じ?

愚か者!と人をバカにする罪や怒りの罪は、殺人と同じって本当ですか。マタイ5章21節-26節を読んでみましょう。人に怒り人をバカにする人は、火の地獄に投げ込まれると、主イエス様は言っています。主イエス様の真意は何でしょうか[…]

もっと読む
キリストの律法

キリストの律法と旧約聖書の律法の関係、マタイ5章17節-20節

マタイ5章17節ー20節から、キリストの宣教、キリストの律法と旧約聖書の律法の関係を解説します。旧約聖書の律法は、クリスチャンにとってどんな意味があるのでしょうか。律法を成就したキリストは、信仰による神への愛と隣人愛を土[…]

もっと読む