聖書の矛盾を論ずる目的

現代人から見れば、聖書には多くの矛盾が存在します。聖書の矛盾と真正面から向き合い、聖書が書かれた歴史的、文化的背景を解説しつつ、聖書の矛盾を理論的に説明します。

このページの目的は、聖書の真実性について理論的かつ知的な道筋を示そうというものです。盲目的に聖書の真実性を信じるのではなくて、むしろはっきりと目を見開いて「知的な疑問」にチャレンジしていきます。

Internet上では、聖書に関する多くのサイトが開かれ、無神論者からクリスチャンまで(それも違った伝統と教理をもったクリスチャン)、様々な立場の方々がご自分のご意見を書かれています。それらのサイトに反する意見も数多く寄せられているようです。言論の自由という意味でよい事ですが、時として、建設的な議論というよりは、論争のようになってしまうこともあるようです。しかし、このような聖書に関する論争は益のないものです。むしろこのページを読んで、「あー、こういう考え方もあったのか」と気軽に考えていただければ幸いです。

聖書の矛盾を論ずる方法論

第一のステップ:聖書解釈の3つの原則

聖書理解の3つの原則について簡単に説明します。聖書の学びは霊的なものですが、同時に、理論的考察も必要とされています。聖書を正しく解釈せずに、聖書の矛盾を指摘しても無意味なことです。

第二のステップ:聖書的世界観と科学的世界観を比較

聖書の歴史観と現代科学の歴史観の違いを理解せずに、聖書の矛盾に答えることは浅はかなことです。21世紀現代人の世界観で聖書を読めば、多くの矛盾と思われる個所があるのは当然です。

第三のステップ:旧約聖書の矛盾

創世記1章と2章の内容には、聖書批評者から矛盾と指摘される個所があります。この2章の個所を比較して、現代人にとってなぜ矛盾と思えるのかを説明します。

第四のステップ:新約聖書の矛盾

新約聖書にも多くの矛盾と思われる個所があります。その中でもっともハッキリしている箇所、マタイ4章とルカ4章を比較して、どのように解釈すべきかを解説します。

本題に入る前に、聖書が書かれている内容に、間違いではなくて違いがある事について、一つ考えて頂きたいことがあります。日本には全国紙と呼ばれる新聞がいくつかありますが、その新聞各社が事件や世界の出来事を報道します。しかし、それらの新聞各社は同じようなことばを使い、まったく同じ内容の記事は書きません。新聞記事を書いている記者が違うからです。書いている視点も違うからです。正確さが要求される新聞報道でさえそれぐらいの事はあるのです。

聖書は、数千年の時代を経て、違った人たちによって書かれた書です。違った視点から書かれているゆえに、違いがあって当然ではないでしょうか。では最初に旧約聖書でよく指摘される違いについて考えてみます。

最後に一言。クリスチャンの中には、クリスチャンの意見と反対している人をバカにするような投稿・サイトを見受けますが、それこそ愚の骨頂です。主キリストは、隣人を愛しなさいと教えています。人を裁くようなことは、クリスチャンの行いではありません。

  1. 聖書は科学的に正確か
  2. 旧約聖書の矛盾
  3. 新約聖書の矛盾

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です