コンテンツへスキップ 投稿日:2021年12月2日/更新日:2023年5月7日

旧約聖書の読み方の変革

旧約聖書の読み方の変革を、歴史を追って説明します。新しい契約下にあるクリスチャンにとって、旧約聖書はどのような位置づけを持っているのでしょうか。どれほど重要だと思いますか。旧約聖書をどのように読んだらいいのでしょうか。このトピックは範囲が広いので、3つのページに分けて解説します。

まず、キリスト教の歴史の中で旧約聖書の読み方が変革してきた過程を検証してみましょう。

マルキオン

旧約聖書を軽視した2世紀のクリスチャン、マルキオンという人の主張をみてみます。マルキオンは、2世紀初頭、120年頃の異端のクリスチャンでした。彼は、二元論者であり世界を物質的なものと霊的なものとに分けていました。彼は、物質的なものは悪であり、霊的なものは善であると主張していたのです。

マルキオンは、二元論を聖書に示されている神に適応して考えたのです。旧約聖書に示されている神は、物質的な神であり裁きの神であると説いたのです。物質的な創造は悪であり、その物質的なものを創造した旧約聖書の神は完全な神ではない。むしろ、劣っている神であると説いたのです。一方、旧約聖書に示されている神は、霊的な神であり愛なる神であると説いたのです。この愛なる神は、旧約聖書の神とは異なり完全な神の御心を示したと説いたのです。

こうなると、必然的に旧約聖書と新約聖書を完全に切り離して考えるようになります。つまり、旧約聖書は必要ないという結論に至ります。愛のない神、邪悪な物を造った神は必要ないのです。マルキオンに信望した信者たちにとって、旧約聖書は完全に無用の産物であったのです。マルキオンは、最終的に異端として扱われるようになりましたが、マルキオンと同時代のクリスチャンたちが少なからず同じような考え方をもっていたのではないかと想像されます。2世紀の時点では、旧約聖書をどのように読むかクリスチャンリーダーの間で合意に至っていたわけではありませんでした。

旧約聖書には、クリスチャンと相反する多くの価値観や命令があることに私たちは気づかされます。戦争があったり、一夫多妻制があったりです。ゆえにクリスチャンは旧約聖書の取り扱いに悩むわけです。

オリゲネス

一つの読み方として、新約聖書から旧約聖書を読む方法があります。2-3世紀の神学者であったオリゲネスは、旧約聖書を字義通りに解釈するのではなく、比喩的に解釈しています。たとえば、出エジプト記17章8節-15節の解釈が彼の典型的な解釈です。オリゲネスは、モーセが手を上げている姿は十字架を象徴していると解釈しました。

Origen “On First Principle” from Amazon

またもう一つ、新約聖書から旧約を読む方法として、旧約聖書はすべてキリストについて預言していると考える解釈です。 たとえば、創世記1章3節の「光よあれ」は、ヨハネ1章1節-5節で「このいのちは人の光であった。光はやみの中でに輝いている」、この聖句を預言していると解釈するのです。

マルチン・ルター

マルチン・ルター

マルチン・ルターは、創世記32章22節-32節でヤコブが格闘した人を、イエス・キリストだと解釈しています。この解釈は、多くの注解書に書かれていますので、ルターの影響力は大きいのには正直、驚かされます。

The Ninety-Five Theses and Other Writings from Amazon

結論

結果的に、新約聖書に照らし合わせて、その基準に合ってるものだけを読む方法が、典型的な読み方になって生きました。旧約聖書を取捨選択するわけです。新約聖書にそぐわない聖句はまったく無視することになります。仮に読んだとしても、クリスチャンには適応できないので無関心になるようになります。

結果として長いキリスト教の歴史の中で、「旧約聖書は新約聖書より下に位置づけられ、あまり読まなくても良い」と判断されるになりました。 本当にそれが神の御心に適った旧約聖書の読み方でしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です