キリストの教会の歴史的背景

キリストの教会は、19世紀アメリカに発祥のルーツがあります。

ルネッサンスの背景

ルネッサンス(15世紀ー16世紀)は、ヨーロッパのあらゆる生活分野(学術分野、芸術分野、宗教分野)に影響を与えました。ルネッサンスはキリスト教に宗教改革(16世紀初頭)という波を起こしたのです。宗教改革によって聖書が一般市民の手に渡りそれぞれの信者が聖書を学ぶ環境が整えられましたが、同時に多くの教派(新たな分派、分裂)が誕生する弊害も出てきたのです。各教派ごとに信条をつくりまたそれが伝統となり、その系列にある教会を縛り付ける環境はカトリックの時代と変わりませんでした。また国と教会が密接な関係を持っている状況も変わりはなかったのです。そんな環境の中で18世紀初頭には、教派の信条や伝統に捉われない、純粋に聖書に基づく教会つくりを始めようとする人々がヨーロッパ各地にいたのです。これが復帰運動のさきがけとなりました。

17-18世紀ヨーロッパ アメリカへ移住

17世紀ー18世紀ヨーロッパでは、多くの人たちが経済的、宗教的な自由と独立を夢見てアメリカ新大陸へと移住をしていたのです。当時のアメリカ移民には、いい意味でも悪い意味でも宗教に目覚めた人たちが多くいました。(アメリカのモルモン教はこの当時生まれました。シェーカーという異端クリスチャン・グループもこの当時出てきています。また後にエホバの証人グループも1872年には誕生しています。)

聖書復帰運動の始まり

このような宗教的自由を求める環境下で(まだアメリカは13州しかありませんでした)アメリカ各地で同時多発的に「聖書に基づいた教会を!」という運動が起きたのです。ジェームズ・オケリー(メソジスト、N.カロライナ、1735-1826)、エライアス・スミス(バプテスト、ニュー・ハンプシャー、1769-18??)、アブナー・ジョーンズ(バプテスト、マサチュッセツ、1772-18??)、バートン・W・ストーン(長老派、ケンタッキー、1772-1844)、トーマス・キャンベル(長老派、1763-?)、アレキサンダー・キャンベル(長老派、ペンシルヴァニヤ、1788-1866)といった人たちが聖書を基準とした教会を合言葉に教会を始めました。ではその理念、考え方を説明します。

注:トーマス・キャンベルとアレキサンダー・キャンベルは親子。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。