教会に行く5つの意味と正当な理由

心の健康を多くの人に

ある牧師先生が、ネット上で「クリスチャンは教会に行くべきである。必ず教会に行かなければならない」と主張しているのを読んだことがあります。

しかし、わたしには「クリスチャンは教会に行くべき、教会に行かなければならない、教会にいく必要がある」という考え方自体、あまり健全ではないように思えます。励ましとは言っても、強い励ましであればモラハラです。プレッシャーをかけるような言葉を聞くと、強制的な勧誘をするカルトと同じでは?と思うのです。教会は、強いられていくべき所ではありません。

そこで考えてみましょう。教会に行く意味は何でしょうか。教会に行く理由は、人それぞれ違うかもしれません。初めて教会に行く方のために、教会に行く意味、教会に行く正当な理由を説明します。

むしろ、教会とは、クリスチャンもキリストを求めている求道者も、自発的に行く場であり、行きたいと思える場ではないかと思うのです。聖書を読んで「成長するためには教会に行くべきだな」と自発的に感じるのは、もちろん健全です。事実、教会での集まりはクリスチャンにとって、とても大切です。

教会に行く

教会に行く5つの意味をあげてみます。

Bookmark(0)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。