聖書の御言葉に忠実に

聖書がすべての判断基準になります。教会内、教会外でもすべての生活の基準です。神の御言葉によって生きることこそ、クリスチャンの使命であると考えています。

御言葉に忠実にという考えが強くありすぎて、時には律法的に聖書を解釈する傾向が過去にありましたが、今はその過ちにも気づき始めています。聖書が裁きの判断の基準である(ヘブル4章12節ー13節)と信じていますから、御言葉に忠実であろうとする態度には変わりはありません。(関連ページ 聖書の霊的な意味)

私たちは小さな群れですが、それでも多くの聖書学者を世に輩出しています。またクリスチャンの間では良く知られている説教者たちも(マックス・ルケード、リック・ウォレンなど)もこの復帰運動から輩出されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。