一生に一度、死ぬまでに一度読むべき本

一生に一度、死ぬまでに一度読むべき本があるとすれば、何だろうか。その答えは聖書だと思う。聖書は世界のベストセラーだ。もしかしたらあなたの人生を根本的に変えるかもしれない。

世界のベストセラー 「聖書」は、多くのアジア諸国の人々に読まれている。しかし、なぜか、日本人は聖書を読まない。

一生に一度、死ぬまでに一度読むべき本

食べず嫌いの人が、食べる前から「これ何ですか?」と聞いてくる。そういう人に「そうですねぇ、食べてみないと分らないでしょう」と私は答えることにしている。聖書も同様に「食べてみない」と味がわからない。実際に聖書を読んでみないと、その良さが分らない。宗教だからといって聖書を避けているのであれば、大損しているかもしれない。

聖書は一生に一度は読むべき本 その理由は?

人生の道は、人によって千差万別だ。巨額の富を築き順風漫歩に見える人生も、一瞬のうちのそのすべてを失う事もあり得る。また名誉と名声を得ていても、内情は不幸な人もいるものだ。逆に貧乏であっても幸せな暮らしをしている人もいる。経済的にはそれほど豊かな国ではないブータンが、世界で一番幸せな国と呼ばれることもある。

人生は迷路だ。心の底から湧き出る幸せの道を見つけるのは、至難の業である。私たち人間の創造主である神は、人生の幸せの法則を聖書に示している。主イエス・キリストの戒めに正しく従う人生を送れば、必ず幸せは舞い込んでくると約束されている。

インドの宗教家、政治家であったをマハトマ・ガンジーは、「私の生涯に最も深い影響を与えた書物は聖書である」と言ったとされている。ガンジーはクリスチャンではなかったが、聖書を読んだ。このように、イエス・キリストを信じなくても、聖書は一生に一度は読んでおくべきである。

「宝の持ち腐れ」ということばがあるが、その意味は、役に立つ物を持ちながら利用しないことだ。聖書についても同じことが言える。人生で行き場がなくなったとき、考えても答えが見つからない問題にぶつかったとき、生きている意味を見失ったとき、普段から聖書を読んでいれば、答えのヒントが与えられる。「宝の持ち腐れ」にせず、聖書を読んでみよう。

聖書は死ぬまでに読むべき本 その理由は?

死ぬまでに聖書を読むべき理由は何だろうか。それは聖書がある重要なことを預言しているからである。その預言とは? この世には終わりがあり、最後の裁きのときには、すべての人間が聖書の教えをもとにして裁かれるという預言だ。万が一でも、もしこれが本当であれば、死ぬ前までに、聖書を読んでおくべきではなかろうか。

人間の命はいつ亡くなってもおかしくはない。年老いて寿命で亡くなる人もいれば、事故で命をおとす人もいる。未来については、私たち人間は何も知らない。

死んでからでは遅いのである。この地上に生きている間でしか、聖書を読めない。仏教では、死後の世界で人は皆救われ御仏になると言われている。これが本当であれば、聖書を読む必要はない。しかし、聖書の預言が真実であれば、真剣に聖書を読むべきではなかろうか。名探偵コナンの名セリフみたいだが、「真実はいつも一つだ。」

今日からでも、聖書を読んでみよう。生きている間に良いことを始めるのに、遅すぎることはない。聖書を読んで、死生観が変わるかもしれない。生き方が良い方向に向かう。

ぜひ一生に一度だけでもいいから、聖書を読んでみましょう。死ぬまでに聖書は一度は読んでみましょう。

聖書を学ぶ理由、聖書を読む効果とメリット

2 comments

  1. 同感です
    先行きの見えない暗い世の中で
    自分の足元 行き先を明るく照らしてくれるのが聖書です
    自分が生まれた理由 生きる目的 将来 全ての疑問に納得行く答えがあります。

  2. 管理人の野々垣です。時間をとってコメントしていただき、心から感謝します。また記事に同感していただき恐縮です。すごく励みになります。より良い記事を書いていこう、となお一層強く思います。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です