コンテンツへスキップ 投稿日:2021年10月25日/更新日:2023年5月7日

占いを信じますか?

占いを信じますか

あなたは占いを信じますか。占いによって左右される人生を歩むべきではない理由4つを解説します。1.同じ生年月日の人たちが、同じような人生を歩むことはない。2.同じ占いであっても、占い師によって結果は千差万別。3.手のしわで人間の一生がわかる、これこそ迷信。4.占いは、人の心を縛り付けているから。

一部の人たちの間では占いが、静かに大ブレイクしているようです。新聞、テレビ、インターネット、雑誌では、必ずと言っていいほど占いコーナーがあります。占いについて「当たるも八卦、当たらぬも八卦」と昔の人は言いました。現代人は?と考えてみますと、少なからず信じている人は多いようです。

1.同じ生年月日の人たちが、同じような人生を歩むことはない

占いの種類を分別しますと、生年月日による占いが大半を占めているのに気づかされます。たとえば、西洋の星占い、九星気学です。私は、星占いでいえばやぎ座、九星気学でいえば八白土星です。1956年生まれの申年です。同学年の子供たちには、申年が相当数いました。同じ生年月日の子供たちも、結構いました。しかし、同じ学年の人たちが同じような人生を歩んではいません。まったく違った人生を歩んでいます。

2.同じ占いであっても、占い師によって全く違った結果が出てくる

占い師によって違った結果が出てくるもの、占い方も違うものといえば、タロット占いがあります。タロット占いにはユニークな点があります。どのような仕組みでどのように占うかは、占い師によって違うようです。占い師だけがシャッフルするやり方もあれば、占い依頼者もシャッフルするやり方まで様々なようです。ですから、当然、占い師によって結果も違ってきます。

3.手相のような体の一部で人の人生がわかるーこれこそ迷信だから

「手のしわによって人の性格や未来がわかる」という手相占い。わたしは、12-13歳の頃に手相占いに凝っていました。いろいろな本を読んでいました。しかし、この占いも人間の想像の産物であることに気づかされました。

わたしの友人は、手に幸運のしわを作るために、毎日しわを作るために手の体操をしていました。こんな事で人生が好転するようであれば、われわれ人間の人生はどれほど空しいものでしょう。

4.占いは、人間を呪縛という鎖で縛り付けるから

占いに頼っている人は、あっちこっちの占いに行くでしょう。遠方にいる有名な占い師のもとまで行くかもしれません。まさに占いの呪縛にかかっている状態です。たとえ占いが当たっていたとしても、わたしたちは右往左往する必要はありません。なぜなら本当の神は、天地万物を創造され、この世のすべての霊的な力、たとえば悪魔の力、さらには人を惑わす様々な現象、科学では解明できない現象を超えた方だからです。

占いなど信じないで生きましょう。悪魔は様々な方法で人を騙し、神以外のものを信じさせようと人間を誘惑します。そのような誘惑に引っかからずに、この人生を生きていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

モバイルバージョンを終了