コンテンツへスキップ 投稿日:2023年8月6日/更新日:2023年8月6日

暗雲には必ず銀の縁取りがある

英語のことわざに“Every cloud has a silver lining.”という言葉があります。直訳すれば「暗雲には必ず銀の縁取りがある」とでもなるでしょうか?・・・人生の諸問題の背後には、希望があるものです。主にあって、希望を持って歩みましょう。

そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。         

ローマの信徒への手紙5章3~5節 聖書協会

いよいよ八月です。七月は連日の猛暑、酷暑でしたが、今月は一体、どうなるのでしょうか?いずれにしましても、まだまだ夏本番ですので、今後も適度な水分補給などして、この暑い夏を乗り切りたいと思います。

ところで、私たちの人生は、まさに「山あり谷あり」です。コロナ禍の谷が落ち着きつつあるかと思えば、今度は地球温暖化に起因するのか猛暑・酷暑の山々の連続・・・。個人的にも、病気や人間関係の悩み、経済的な問題もあれば、精神的な問題もあるかもしれません。まさに、悩みや問題が山積です。さらに言えば、突如として、目の前に“まさか”という坂が立ちはだかることがあるかもしれません。

野口良哉伝道者の関連記事

トラベルにはトラブル・・・人生という旅路には、問題・課題が付き物です。しかしながら、問題があるからには、必ず答えもあるものではないでしょうか?主なる神様は、そんな問題・課題には、様々な慰めや励まし、具体的な解決の糸口を備えていて下さるのです。

こんな英語のことわざがあります。“Every cloud has a silver lining.”直訳すれば「暗雲には必ず銀の縁取りがある」とでもなるでしょうか?確かに、夕暮れ時に、東の空に暗雲が現われた際、その背後にある太陽の光によってその暗雲にできた銀色の縁取りを観ることができます。

“Every cloud has a silver lining.”、「暗雲には必ず銀の縁取りがある」。・・・転じて、人生における諸問題という暗雲にも必ず銀の縁取り、すなわち、希望の光があるものだ、ということではないでしょうか?

そんな前向きな思いで、それぞれの問題を観ていきます時に、その問題の背後に何らかの光、希望や慰め、解決の糸口や励ましを確認することができるのではないでしょうか?

聖書によれば、主なる神様は、諸問題の背後に、必ず何らかの希望の光を備えていて下さるのです。ゆえに、使徒パウロは、明言します。ローマの信徒への手紙5章3~5節「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです。苦難は忍耐、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。」

 あなたに、神様の平安が豊かにありますように。 シャローム!

御茶の水キリストの教会 野口 良哉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

モバイルバージョンを終了