コンテンツへスキップ 投稿日:2023年8月24日/更新日:2023年8月20日

万人の救い 信仰によって人は救われる

信仰によって人は救われるという原則は、天地万物が想像された時からの永遠の原則です。万人の救いの原則です。

旧約聖書と新約聖書に教えられている信仰の原則

まず最初に多くのクリスチャンが思っている旧約聖書と新約聖書の関係について考えてみます。実は多くのクリスチャンが、間違った視点で旧約聖書と新約聖書を読んでいるのです。

ある人たちは、旧約聖書の神様は怒りと裁きの神様であり、新約聖書の神様は愛と恵みの神様であると考えます。また別の人たちは、旧約聖書は律法による義を教えていると考え、新約聖書は信仰による義を教えていると考えるようです。

しかし、これがどちらも間違っています。旧約聖書においても、新約聖書においても、神様はまったく変わっていません。同じ神様を私たちは信じています。また旧約聖書においても、信仰による義が教えられているのです。

――――――――――――――――――――――

旧い契約でも信仰による義

モーセは、律法による義について、「掟を守る人は掟によって生きる」と記しています。しかし、信仰による義については、こう述べられています。「心の中で『だれが天に上るか』と言ってはならない。」これは、キリストを引き降ろすことにほかなりません。また、「『だれが底なしの淵に下るか』と言ってもならない。」これは、キリストを死者の中から引き上げることになります。では、何と言われているのだろうか。「御言葉はあなたの近くにあり、/あなたの口、あなたの心にある。」これは、わたしたちが宣べ伝えている信仰の言葉なのです。口でイエスは主であると公に言い表し、心で神がイエスを死者の中から復活させられたと信じるなら、あなたは救われるからです。実に、人は心で信じて義とされ、口で公に言い表して救われるのです。聖書にも、「主を信じる者は、だれも失望することがない」と書いてあります。ユダヤ人とギリシア人の区別はなく、すべての人に同じ主がおられ、御自分を呼び求めるすべての人を豊かにお恵みになるからです。「主の名を呼び求める者はだれでも救われる」のです。

ローマ10章5-13節 聖書協会

「モーセは、律法による義について、掟を守る人は掟によって生きる」と書かれていますが、パウロは、ユダヤ人クリスチャンたちの間違った考えをただすために、敢えてこのように書いているのです。文脈に沿って読めば、パウロの真意を理解できます。

律法による義をモーセが書いたと言っているパウロは、同時に、律法の書から引用して、信仰による義について語っています。誰が天に昇れってキリストを引き下ろすことができるのでしょう。誰が死の世界に行ってキリストを死から復活させることができるのでしょうか。人間には不可能なのです。私たちは、心から神の言葉を信じ、キリストが天から降りてきて下さり、十字架で死んで、死から復活したのを信じているのです。

パウロは、旧約聖書にも信仰の原理が書かれていると教えているのです。律法による義を信じていたユダヤ人たちに教えるために、旧約聖書つまり律法の書から、信仰による義、信仰の原則を教えたのです。

イエス・キリストを信じることによって

続いてローマ10章14-17節を読んでみましょう。私たちは、どのように信じたのかを、パウロは問いかけています。ここでも、パウロは、律法の書から引用して、信仰の原則を説いています。

おそらく宣教師やクリスチャンのお友達が、皆さんに聖書の言葉を教えてくださったのではないでしょうか。私も同じです。キリストの言葉を聞いて、信じるようになったのです。この信仰の原則は、旧約の時代も新約の時代も変わりはありません。

信仰は、私たち人間の霊的DNAに元々植え付けられていますが、イエス・キリストの言葉を聞くまで、その信仰に気づいていませんでした。自分の考え、知恵で生きていたからです。ところが、キリストの言葉を聞いて、初めて天の父なる神様を知るようになったのです。霊的に目覚めたのです。霊的な目が開かれ、霊的な耳が開かれて、私たちの心に信仰が生まれたのです。

しかし、キリストの言葉を聞いた人たちすべてが信じたでしょうか。悲しいですが、信じない人たちもいるのです。キリストにNOという人たちがいます。イスラエル、ユダヤ人たちはどうだったのでしょうか。先を読んでみましょう。

イスラエル、ユダヤ人たちもキリストの福音を聞いたが…

ローマ10章18-21節を読んでみましょう。

パウロは、旧約聖書を引用して、イスラエルの人々であるユダヤ人たちも、キリストの言葉を聞いていたことを証明しています。憐れみ深い神様は、忍耐強くイスラエルの人々に、救いの手を一日中差し伸べているのです。今、現在も差し伸べています。

同時に、イスラエル人だけでなく、天の神様は、全世界に福音メッセージを宣べて伝えているのです。全世界への福音メッセージで、天の神様は、イスラエルの人々を拒絶したのでしょうか。

では、尋ねよう。神は御自分の民を退けられたのであろうか。決してそうではない。わたしもイスラエル人で、アブラハムの子孫であり、ベニヤミン族の者です。神は、前もって知っておられた御自分の民を退けたりなさいませんでした。それとも、エリヤについて聖書に何と書いてあるか、あなたがたは知らないのですか。彼は、イスラエルを神にこう訴えています。「主よ、彼らはあなたの預言者たちを殺し、あなたの祭壇を壊しました。そして、わたしだけが残りましたが、彼らはわたしの命をねらっています。」しかし、神は彼に何と告げているか。「わたしは、バアルにひざまずかなかった七千人を自分のために残しておいた」と告げておられます。同じように、現に今も、恵みによって選ばれた者が残っています。もしそれが恵みによるとすれば、行いにはよりません。もしそうでなければ、恵みはもはや恵みではなくなります。では、どうなのか。イスラエルは求めているものを得ないで、選ばれた者がそれを得たのです。他の者はかたくなにされたのです。

ローマ11章1‐7節 聖書協会

神様は、神様の民であるイスラエルを拒絶したのでしょうか。退けられたのでしょうか。そんなことはないとパウロはハッキリ言います。その証拠として、パウロ自身もイスラエル人であると言っています。

神様はイスラエルの人々を見捨てていない例として、旧約聖書の物語からパウロは、説明しています。

約2700年前のイスラエルの話です。エリヤという預言者が当時、イスラエルで預言していました。イスラエル人たちは、近隣諸国の偶像、バールを礼拝していたのです。預言者はエリヤは、イスラエルには神様を礼拝する人はいなくなったと嘆いていました。しかし、神様は預言者エリヤに言います。7000人の人たちは、まだ偶像礼拝をしていないとハッキリ言いました。

これと同じように、いつの時代でも、どんなに数が少なくても、神様に従う人がいるのです。イスラエルの人々も同じです。神様は、イスラエルの人々を拒否している訳ではありません。今でも待っているのです。そして、イスラエルの人々の中にも、クリスチャンはいるのです。21世紀イスラエルにも、本当に数は少ないのですが、イエス・キリストを信じる人たちはいます。

関連記事 ローマの手紙の解説

神様がユダヤ人を霊的に盲目にしたのか

11章8-10節を読んでみましょう。11章8節には、「神は、彼らに鈍い心、見えない目、/聞こえない耳を与えられた、今日に至るまで」と書かれています。

神様は、ある人たちを霊的に盲目にするのでしょうか。ある人たちを、信じさせなくするのでしょうか。この人たちの心をかたくなにして、キリストを信じさえなくするのでしょうか。この人たちが信じない原因を、神様が造っているのでしょうか。

これらの質問の答えについて、もう少し詳しく見てみましょう。

あなたたちは、悪魔である父から出た者であって、その父の欲望を満たしたいと思っている。悪魔は最初から人殺しであって、真理をよりどころとしていない。彼の内には真理がないからだ。悪魔が偽りを言うときは、その本性から言っている。自分が偽り者であり、その父だからである。しかし、わたしが真理を語るから、あなたたちはわたしを信じない。

ヨハネ8章44-45節 聖書協会

悪魔によってだまされたユダヤ人たちは、キリストを信じませんでした。それはなぜかというと、キリストが真理を語っていたからです。悪魔に反する真理を言葉を語っていたからです。

間接的に言えば、キリストが、彼らの不信仰の原因を造っていると言えます。真理を聞いたがゆえに、彼らの心がかたくなになったのです。

イスラエルの人々が、エジプトでの奴隷状態から解放される時の話を紹介します。天の神様は、エジプトの王ファラオに様々な奇跡を見せて、イスラエルの人々をエジプトから解放させます。それらの奇跡をわざを通して、神様はファラオの心をかたくなにすると預言します。

神様の奇跡のわざを見たファラオは、神様の預言通りに心をかたくなにします。神様がファラオの心をかたくなにさせたのでしょうか。そうですが、同時にファラオは、自分自身で心をかたくなにしたのです。

キリストの言葉を素直な心で聞けば 

私たちの信仰も同じです。素直な心でキリストを求めれば、キリストの真理の言葉は、良い知らせのメッセージです。祝福のメッセージです。

しかし、悪魔にだまされて聞けば、キリストの言葉は、私たちの耳には痛い言葉です。心を塞ぎたくなるような言葉です。そのような人たちは、神様を呪い、キリストを呪い、クリスチャンも呪うでしょう。

私たちは、どのようにキリストの福音の言葉に応えたらいいのでしょうか。その言葉を受け入れるのか、受け入れないのか、キリストの招きに応えるのか、応えないのか、私たち次第です。

キリストは、真理を求めている人を決して、拒否したり、追い出したりしません。真理を求めている人は、どんな過去を持っている人でも、誰でもキリストへと導かれます。これは、神様の聖霊の働きです。

私たちが、心を開いてキリストを求める時、キリストは大きな心で私たちを受け入れてくださいます。だからこそ、私たちは素直な信仰によって、キリストに近づく必要があります。頑な心を持ってはいけません。

今週も、私たちが、主キリストと共に歩めますように、祈り励みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です