サタン、悪魔の目的と働きは何ですか

この世には目に見えない悪の力が働いています。聖書は、その力をサタン、悪魔と言っています。「悪魔」は霊的な存在です。私たち人間を神から遠ざけ、さらに人間社会を混乱に陥れようとしています。サタン、悪魔の目的と働きを解説します。

神の御使いであった天使が堕落して悪魔になったといわれますが、断定はできません。2つの聖句がこの解釈の根拠になっていますが、文脈からは悪魔について語っているとは言えません。。イザヤ14章12節-15節はバビロンの王に対する預言です。エゼキエル28章11節-17節はティルスの王に対する言葉です。どちらの聖句も、2人の王を堕落した天使に例えています。この天使を悪魔と解釈するのは、悪魔の起源の問題がスッキリ解決できるので非常に魅力的です。とはいえ、この解釈は100%ほぼ推測に過ぎないので、解釈上、大きな問題があります。

悪魔についてはっきりしていること

悪魔の起源はハッキリわかりませんが、悪魔についてわかっていることは2つあります。

  1. 悪魔は、神と直接会話ができ、神と敵対する霊的な存在です。これらのことは、ヨブ記1章-2章が明らかにしています。神の御前に天使たち(御使い)が集まっているとき、悪魔が神の御前に現れます(ヨブ記1章とゼカリヤ3章)。
  2. 悪魔の究極的な目的は、人間を神から離れさせることです。悪魔は、人間が創造主なる神との関係を断ち、その教えに反して生きていくように導こうとしています。さらに人間通しが、争い傷つけあうように仕向けているのです。しかし、悪魔の働きの範囲は、神によって定められています。(なぜ神が悪魔の働きを許容しているのかは、最後に説明します。)

この世の神、この世の支配者と呼ばれる悪魔の働きは、大きく分けて3つあります。その働きは、非常に巧妙に私たちの人間社会に入り込んでいます。

1.悪魔は、あらゆる手段を使って人間を苦しめる

悪魔の存在,悪魔の目的

人間はどんなに健康な人でも、誰もが最終的には死を迎えます。この死は、悪魔によってもたらされました。例外なく、すべての人間が経験する試練です。「死は最後の敵である」(1コリント15章26節)と書かれています。アダムとエバが罪を犯した後、すべての人間に死が訪れました。人間は、この肉の命でこの地で永遠に生きることはありません。

さらにすべての人間が経験する病気も、悪魔によってもたらされました。ヨブは、サタンに苦しめられ皮膚病に苦しみました。主キリストは、腰が曲がったままの女性を「18年もの間、サタン(悪魔)に縛られていた」と病気の原因を説明しています。

アダムとエバが罪を犯した後、神が創造した自然は人間にとって過酷な環境を与えるようになりました(創世記3・17-19)。アダムの罪ゆえに土は呪われるものとなったのです。この時から、美しい自然が人間に対して、時々、牙をむき自然災害を起こすようになったのです。

2.悪魔は、人間を惑わし迷わせる

死、病気、自然災害という環境の中で、人間はどのように生きるかを模索します。こんな状況下で、悪魔が「お前を創った神がお前をいじめているのだ。だから、お前は自己中心的に生きるしか、自分の身を守る手段をない」とささやきます。その結果、人間は神を礼拝することなく、自分の道を歩むようになります。

悪魔によってだまされた人間は、自分が思うがままに自分の都合に合わせて宗教を作りようになりました。神を礼拝する代わりに、各地の文化に合わせて自分の好みで偶像をつくるようになったのです(ローマ1章18節-23節)。これだけでも、神と人間の関係は断ち切られたのですから、もう十分だと思われますが、悪魔の働きはここでとどまりません。

悪魔は、神の御言葉を引用して主イエス・キリストを誘惑しました(マタイ4章1節―11節)。このことからわかるように、悪魔は善い物を利用して悪を行うのです。善と悪がミックスしているような状態は、私たち人間を惑わします。

3.敵対する人間関係を作り出す

敵対する人間関係をつくりだすために、悪魔が最初にやることは何でしょうか。悪魔は人間に「自分は正しい。自分には正義がある」と思わせるのです。立場が違った2人が、まったく違った観点から自分の正当性だけを考えていれば、当然争いが起こります。これが悪魔の最初の仕掛けです。

クリスチャン同士が、ネット上で言い争っているのを見聞します。それも著名な学者、牧師がそのような言い争いをしているのです。これこそ悪魔の思うつぼです。私たちの本当の敵は、目に見える敵対している人間でありません。本当の敵は、目には見えない悪魔であることを忘れてはいけません。

悪魔は、人間社会を分断させることにより人間を泥沼の混迷に追いやっていきます。人間は、ますます自分自身の知恵に頼ろうとします。論争している2人は、さらにお互いに批判し攻撃し合いながら、時には肉体的にも精神的にも傷つけあっていくのです。しかし、それを行っている当人は、悪魔によって操られているという認識など毛頭ありません。

なぜ神は、悪魔の働きを、許容しているのでしょうか。

神が悪魔の働きを許容している理由

悪魔は唯一の神の支配下にいますが、神が赦す範囲内でこの世で自由に活動し人間たちを苦しめます。すべてを支配している神は、なぜ悪魔の働きを許容しているのでしょか。

その第一の理由は、自由意志という人間の尊厳にあります。私たち人間は、神を信じる生き方を選ぶのか、自分の欲望を満たすために悪魔につき従う生き方を選ぶのか、自由意志によって選択しなければなりません。人間は、神に操られる人形ではありません。自由にどちらかを選ぶことができます。

第二の理由は、神の御心に反する罪の愚かさを、私たち人間に気づかせるためです。自然災害を経験する時も死を迎えようとする時も、私たちは人間は無力であることに気づかされます。これこそが、神は悪魔の悪を許容している理由なのです。私たち人間が唯一の神の存在を知るために、試練と苦難は最高のチャンスといえます。目に見えない神は、私たちの人生に試練を通して働きかけ、罪の愚かさを私たちに気づかせようとしているのです。

結論 悪魔に勝利した主イエス・キリストの約束

主イエス・キリストは、十字架の死と復活によって悪魔に打ち勝ち、天にて天地万物を支配しておられます。しかし、悪魔の働きは未だこの世の中に渦巻いています。主イエス様を信じる者は、霊的な戦いがあることを認識しなければなりません。すべての悪が満たされた時、主イエス様が再臨され悪魔は裁かれます。その日を待ち望み信仰によって生きていきましょう。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です