宗教に入る理由は?

なぜ宗教に入るのか?宗教に入る理由は?宗教嫌いの人が多い日本において、なぜこれだけ新興宗教が流行るのでしょうか。その深層心理は、誰にもわからないでしょう。しかし、宗教に入るきっかけは?という質問には答えられます。

五木寛之氏が答える「なぜ宗教に入るのか」

五木寛之氏は、「人生の目的」という著書の中で、宗教を信じる事について次のように書いています。

しかし、自分以外の人がつくった物語を本当に信じられるためには、そのつくった人を尊敬できなければならない。共感し、愛さなくては、信じられない。だから信仰や宗教は、競技からはじまるのではなく、その偉大な物語をつくり、それを信じて生きた人への共感と尊敬と愛からはじまる。

宗教に入るきっかけとして、かなり的を得ています。すべての宗教に当てはまります。オウム真理教のようなカルト宗教の信者たちの間でも、尊敬と共感と愛が生まれていたはずです。この尊敬と共感と愛が、一つの絆となって信者たちを結び付けていきます。カルトの場合は、縛り付けていくのです。このように考えますと、「宗教って怖い」と実感できるのではないでしょうか。

なぜ宗教に入るのか? クリスチャンの信仰の場合は?

では、クリスチャンはどうなんでしょうか。なぜクリスチャンは、キリストを信じるのでしょうか。

「キリスト教は健全な宗教だから、盲目的な信仰などない」と誰も言い切れはしません。もし言い切る人がいれば、それこそ盲目的な信仰です。

盲目的に信じるとは、「何も検証せずに信じてしまう」愚かな行為です。「この人が信じているから本当に違いない」と考えるような信仰です。牧師の言葉を何の検証もせずに鵜呑みにして信じていたら、盲目的な信仰と指摘されても仕方ないでしょう。たとえ、それが命がけの信仰だとしても、それはカルト的宗教の信仰に過ぎません。

では盲目的な信仰にならないためには、わたしたちは何をすべきでしょうか。教会へ行けば、牧師の説教を神の御言葉として、聞くことになります。教会の雰囲気にもよりますが、周りの人たちが疑いもなく信じていれば、無意識にそれに歩調を合わせるでしょう。だから、自分の信仰を検証する必要があるのです。

クリスチャンの信仰は、イエス・キリストとの個人的な関係に基づいています。信仰とは個人的なものです。しかし、クリスチャンが、なぜイエス・キリストを信じるかと友人に問われたら、何と答えるのでしょうか。クリスチャンには答える義務があります。信仰が公になるときです。だからこそ、クリスチャンは、なにを、なぜ信じているのかを知らなけらばなりません。

いかがでしたか。宗教・信仰に入るきっかけは何かを説明しました。また、盲目的な信仰に対比して、クリスチャンの信仰の本質を説明しました。お役に立てたでしょうか。読者の皆様に、主なるキリストの愛が注がれますように、心よりお祈り申し上げます。

主イエス様によって人生再生主イエス様の祈り投稿者紹介支援教会・団体お問い合わせ

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です